国内旅行がおわったときはお土産の記録もしておこう

国内旅行がおわったときはお土産の記録もしておこう

国内旅行がおわったときはお土産の記録もしておこう

このエントリーをはてなブックマークに追加

国内旅行をするときに多くの人は旅の思い出の一環として自分たちだけでなく親戚や友人知人などにお土産を買う場合があります。そのお土産はいろんな商品があるわけですが、その中で最も多いのはお菓子などの飲食品類だったりします。そんなお土産の購入でありますが、その中の大半の人はもちろん賞味期限というのがあるので一応期限ごろまでに食べてしまうわけですが、しかし食べるだけで満足していたのではもったいない行為そのものだといえます。

その国内旅行をより効果的に記憶の中にとどめておくならば単に出かけて現地の景色を眺めて写真やビデオを撮影して現地の食事を食べて満足だけをしているだけでなく、購入したお土産品についても単に購入して食べるだけでなく、その写真を撮影してどこの業者のどんな名称のどんな中身の商品なのかを詳細に記録してメモリーカードなどに保存したり旅のノートなどに記録するなどするに越したことはありません。というのはお土産の記録や写真をとることで食べて終わって商品の中身もなくなって、外箱もゴミに捨てられてしまったとしても写真や文字の記録を時折たどることで記憶の中から忘れることを回避させてくれるからです。また時折撮影したお土産の写真や記録をたどることでその後その商品は今も販売されてるのか否かなどの情報を追跡することを可能にしますし、調べていく一環で関連商品も目にすることができるので次回の旅のお土産の参考にすることも可能になるからです。